純金の積み立てとは?

三菱マテリアル蠅蓮∋杏ゴールドパークという金に関するHPを運営しています。

その中の商品の1つで、定期的に純金を購入する、マイゴールドプランという積み立て投資のシステムがあります。

概要としては

・3千円から千円単位で積み立て可能
・ドルコスト平均法により投資する
・年会費は840円
・手数料として千円買い付ける毎に25円必要
・積み立て残高報告書は年2回(4月、10月)送付 

など、マイゴールドプランと他社の積み立てのシステムを比較しても大きく変わるところはありません。

ただマイゴールドプランの特徴としては、満期まで純金積み立てを行うと「満期ボーナス」があります。

ちなみに料率は0.2%です。

その他、マイゴールドプランではオンライン取引もでき、積み立てた純金の残高確認やスポット購入、引出し、売却、等価交換の申込みをパソコンやiモードから行えます。

また、三菱マテリアル蠅砲脇本の主要都市に直営店が6店ありますので、オンライン取引が苦手な方は店頭に出向かれても良いでしょう。



tumitatetoushi at 05:24|Permalinkclip!
金積み立ては一般的に「純金積み立て」という名称で呼ばれています。

主に個人向けの貴金属投資商品で、月々3000円から1000円単位で購入できます。

取扱いは銀行、証券会社などの金融機関、鉱山会社、地金商、商社など様々です。

金積み立ての投資法はドルコスト平均法で行い、毎月、投資家の口座から一定額を振り替え、それを金を売る会社の営業日数で割った金額で、毎日金を買い付けます。

一般的に金積み立てには手数料、年会費がかかりますが、これは販売会社によって様々です。

また、金積み立てをしても、実際に投資家の手元に金が送られてくるわけではなく、取扱会社が保護預かりをします。

この保護預かりは概ね無料のところが多いです。

その代わり投資家には年2回、残高報告書や買付報告書が送られてきます。

金積み立てで買い付けた金は、取扱会社に申し出れば同等の金地金、金貨、宝飾品などと交換出来ますし、また現金で受取ることも可能です。


tumitatetoushi at 06:02|Permalinkclip!
金の積み立ては、決まった金額で定期的に金地金を購入するという金融商品の一種で、「純金積立」と呼ばれています。

個人なら、月々3000円から1000円単位で金の積み立てができます。

金の積み立ての仕組みは、毎月金の購入代金が口座から引き落とされ、販売会社の営業日数で割った金額で、毎日金を買付けます。

金の価格が高い時は少しだけ、安い時は同じ資金額で多めに購入できます。

また安い時を見計らって、一時的に購入額を増やすスポット購入もできます。

金の積み立ては銀行・証券会社などの金融機関、地金商、鉱山会社、商社などで取扱っており、手数料、売買レート、年会費等は各会社で異なります。

積み立てられた金の保管は取扱会社が行い、投資家には買付報告書や残高報告書が送られてきます。

現在のように金価格が高騰した場合、金の積み立てを購入した会社で現金、ジュエリー、金貨などと交換して売買差益を得ることもできます。



tumitatetoushi at 11:38|Permalinkclip!
純金積み立ては、個人向けでは毎月3000円から始めることができます。

純金積み立ての仕組みは、毎月の金の買い付け代金が銀行口座から自動引き落としされ、純金を売る会社の営業日数で割った金額で、毎日金を買い付けます。

金の価格が高い時は少ししか買えませんが、安い時には同じ資金額で多めに購入できます(これをドル・コスト平均法といいます)。

また、安いタイミングを見計らって投資したい場合、一時的に購入額を増やすスポット購入があります。

純金積み立ては、一般的に購入手数料や年会費ががかかりますが、金の保管が無料などの利点があります。

ただし純金積み立ての保管は、取扱会社が保管(保護預かり)をするので自分の手元に金が届けられるわけではありません。

その代わり買付報告書や残高報告書が送付されてきます。

純金積み立てでは積み立てた金を金地金として引き出すだけでなく、宝飾品、現金などに交換できます。



tumitatetoushi at 07:02|Permalinkclip!
金積み立ては一般的に「純金積み立て」という名称で呼ばれています。

主に個人向けの貴金属投資商品で、月々3000円から1000円単位で購入できます。

取扱いは銀行、証券会社などの金融機関、鉱山会社、地金商、商社など様々です。

金積み立ての投資法はドルコスト平均法で行い、毎月、投資家の口座から一定額を振り替え、それを金を売る会社の営業日数で割った金額で、毎日金を買い付けます。

一般的に金積み立てには手数料、年会費がかかりますが、これは販売会社によって様々です。

また、金積み立てをしても、実際に投資家の手元に金が送られてくるわけではなく、取扱会社が保護預かりをします。

この保護預かりは概ね無料のところが多いです。

その代わり投資家には年2回、残高報告書や買付報告書が送られてきます。

金積み立てで買い付けた金は、取扱会社に申し出れば同等の金地金、金貨、宝飾品などと交換出来ますし、また現金で受取ることも可能です。


tumitatetoushi at 10:01|Permalinkclip!
金の積み立ては、決まった金額で定期的に金地金を購入するという金融商品の一種で、「純金積立」と呼ばれています。

個人なら、月々3000円から1000円単位で積み立てることができます。

積み立ての仕組みは、毎月の購入代金が口座から引き落とされ、販売会社の営業日数で割った金額で、毎日金を買付けます。

の価格が高い時は少しだけ、安い時は同じ資金額で多めに購入できます。

また安い時を見計らって、一時的に購入額を増やすスポット購入もできます。

金の積み立ては銀行・証券会社などの金融機関、地金商、鉱山会社、商社などで取扱っており、手数料、売買レート、年会費等は各会社で異なります。

積み立てられたの保管は取扱会社が行い、投資家には買付報告書や残高報告書が送られてきます。

現在のように価格が高騰した場合、購入した会社で現金、ジュエリー、金貨などと交換して売買差益を得ることもできます。



tumitatetoushi at 06:37|Permalinkclip!
純金積み立ては、個人向けでは毎月3000円から始めることができます。

純金積み立ての仕組みは、毎月の金の買い付け代金が銀行口座から自動引き落としされ、純金を売る会社の営業日数で割った金額で、毎日金を買い付けます。

金の価格が高い時は少ししか買えませんが、安い時には同じ資金額で多めに購入できます(これをドル・コスト平均法といいます)。

また、安いタイミングを見計らって投資したい場合、一時的に購入額を増やすスポット購入があります。

純金積み立ては、一般的に購入手数料や年会費ががかかりますが、金の保管が無料などの利点があります。

ただし純金積み立ての保管は、取扱会社が保管(保護預かり)をするので自分の手元に金が届けられるわけではありません。

その代わり買付報告書や残高報告書が送付されてきます。

純金積み立てでは積み立てた金を金地金として引き出すだけでなく、宝飾品、現金などに交換できます。



tumitatetoushi at 06:04|Permalinkclip!
純金積立とは、一定の期間毎に定額で純金地金を買い付ける金融投資商品の一種です。

1980年に大手地金商が“金定額購入システム”を一般販売したのが始まりとされ、1991年に統一名称として“純金積立”が採用されました。

個人向けは、殆どが毎月の積立金額が3000円以上1000円単位で設定されており、手軽な金額で樹金積立が出来ます。

純金価格上昇時には取引会社へ売却して売買差益を得る事もできます。

取扱会社の販売店で純金地金として引き出す事もでき、金貨や宝飾品などとの交換もできます。

純金積立の取扱いは、地金商・鉱産会社・商社・宝石商と、証券会社・銀行/信用金庫などの金融機関、商品先物取引などの投資会社で、各所によって売買レートや年会費等の手数料が違っています。

純金積立を行う際は、会社の信用力や買取価格と売却価格の差額などを比較して選ばれるのが良いでしょう。



tumitatetoushi at 05:32|Permalinkclip!
三菱商事には純金の積み立て投資があり、少しずつ購入する「積み立て自動継続プラン」と、余裕資金で購入する「積み立て一括支払プラン」の2つがあります。

純金積み立て自動継続プランは、毎日一定の金額で購入する定額購入システムを採用し、価格変動によるリスクを分散しています。

購入期間は1年間で、申し出の無い限り自動継続となります。

月々3千円から購入でき、年会費が必要です。

積み立て一括支払いプランは1口30万円で2口以上で一括で支払い、1年間にわたって毎日買付けます。

買付け方法は自動継続方式と同じです。年会費は無料です。

両方とも純金積み立ての純金は地金での引出し、売却が可能です。

購入した純金は三菱商事が保管します。

純金積み立て数量は年2回の残高報告書として三菱商事から郵送されます。

純金積み立て満了時には三菱商事からボーナスポイントやプレゼントがあります。

金価格が高騰していますが、興味がある方は三菱商事に資料請求をしてみてはいかがでしょうか。


tumitatetoushi at 09:03|Permalinkclip!
純金積み立てとは、一定の金額で純金地金を積み立て購入する金融商品の1つです。

1980年に、大手地金商が“金定額購入システム”を一般販売したのが始まりとされ、同年代後半から各社が次々に参入して普及し、1991年に統一名称として“純金積み立て”が採用されました。

個人向けには、毎月の積み立て金額は3000円以上1000円単位で設定されており、手軽な金額で積み立てする事が出来ます。

純金価格上昇時には取引会社へ売却して売買差益を得る事も可能です。

取扱会社の販売店で純金地金として引き出す事もでき、金貨や宝飾品などの取扱商品との等価交換もできます。

純金積み立てを取扱いは、地金商・鉱産会社・商社・宝石商と証券会社・銀行/信用金庫などの預金取扱金融機関・商品先物取引などの投資会社で、各所によって売買レートや手数料などが異なっています。

純金積み立てを行なう場合は、会社の信用力、年会費、買取価格と売却価格の差額などを比較して選ぶのが良いでしょう。


tumitatetoushi at 05:21|Permalinkclip!